お金に困ると人は、今も昔も「古本を売りに行く」といった行動を起こすようです。

お金が足りなくて困った時に人が行う手段というのは、今も昔も「古本を売りに行く」といった行動を起こされる方が結構いらっしゃるようですね。
ちなみに僕自身も学生時代に次の仕送りやバイト代が入るまで手持ちの生活資金に困ると、よく古本を売りに行っていました。
しかし今と比べて昔の古本屋さんというのは正直、相当買い叩いていたんじゃないかなと思いますね。
例えば全巻揃いの漫画本シリーズを100冊ぐらい大きなカバンや手提げ袋に詰めて売りに行ったとしても、精々買取り価格は2、3千円といったところでしたからね。
しかし最近は漫画専門に買取を行っている古本屋さんというのも結構沢山登場してきていて、こういった所だと人気シリーズであれば1冊あたり数百円という高値で買い取ってくれるという事も、そう珍しくはありませんからね。
また自宅近くに古新聞や古雑誌を収集するためのポイントがあるという方は、こういった所をちょくちょく覗いておくと時々普通の状態の全巻揃いの漫画本が捨ててあったりするので、こういった物を回収して専門の漫画買取業者に持ち込むと嬉しい臨時収入になったりしますよ。

IPO支援関連サービス | 株式会社アイ・アールジャパン